« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月20日 (火)

ねんじのイメージ

梅雨も明け、真夏の日差しが厳しい毎日ですね。

さて前回書いた、経過観察中のもの。

今のところ心配ないでしょうと結果がでましたsign03

何かというと、タマタマ空袋の出来物でして…

10日ほど抗生剤を投与し、完全になくなったわけではないのですが、小さくなってくれました。

もし大きさが変わらなければ組織検査しましょう、といわれていたので、

万が一「がん」だったら…と不安でしたcoldsweats02

どうやらねんじは生後6ヶ月で去勢手術しており、ホルモンのバランスによりしこりができる事があるようで。

ま、とりあえずホッとしました。

あーーーー、本当によかったよ~~~dash

さて話はガラッと変わり、最近のウタさんは

みなさんご存知な

Dscn7415

こちらの、

Dscn7421

この部分を指し、

「ねんちゃん♪」

はたまた

Dscn7544

このだるま落としの顔をみて

「ねんちゃ~ん♪」

と教えてくれます。

Dscn7559

うーん、分からないでもないか…(笑)

| | コメント (2)

2010年7月 6日 (火)

ちょっと心配…

先日、明治記念館で親戚の披露宴がありました。

結婚式は明治神宮で!

見物客として見た事はあったけど、参列者としては初めて。

暑くて白無垢のお嫁さんは大変だったろうけど、和装もいいもんですねshine

Dscn7529_2

明治記念館のお庭、さすがです!素晴らしく手入れされていました。

そこで開放されたウタ、

Dscn7525 Dscn7526 

楽しそうに走り回っておりましたcoldsweats01

一方この日、朝から夜まで初めての長時間お留守番を任されたねんじ。

どうしているかずっと心配でした。

というのも前日の夜、肛門の下が腫れており、朝も腫れたまま。

翌日病院に連れて行くつもりで出かけたのです。

しかーし!帰ってきたらその部分がアメンリカンチェリーのようにパンパンになっていたのです!痛そうwobbly

すぐに病院へ連れて行ったところ、

肛門腺破裂直前!いつ破裂してもおかしくない状態だと。

先生につぶしてもらい、中の分泌液や膿などを出し、お薬を頂きました。

傷口が完全にふさがるまで、一週間弱かかったかな?

4日程経ったのがこれ。

Dscn7543

ちょうど尻尾で肛門が隠れてるのですが、左下に当たるところ。

薬も2週間飲み続け、何度か通院、肛門腺の消毒などしてもらい、やっと綺麗に治まりました。

いつもねんパパが肛門腺絞りしていたのですが、どうやら片方の出が悪かったそうで。

しかも先生の話では、ねんじは出にくい子なんだそう。

再発の恐れもあるので、月1程度で病院で絞ってもうらうことになりました。

原因は良く分からないけど、年とったってことなのかなー?

そして7月に入り、またもお尻近辺に異変が…

ただ今経過観察中です。

ちょっと心配ですが、本人はいたって元気でして、

Dscn7422

こんなに長~いよだれをたらしてウタのおやつを見つめているのでした。

| | コメント (6)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »