« 手術、無事終わりました! | トップページ | エリザベス生活②&病理検査結果 »

2010年10月 1日 (金)

エリザベス生活①

ご心配頂いているねんじ、手術後とは思えないほど元気にしています。

日曜の手術が終わり、あっという間にもう金曜日、しかも10月、早いですね。

さて、少し戻りますが、ねんじの病気日記になります…

あ、お食事中の方はごめんなさいです。

今回問題になった腫瘍ですが、

Dscn7700_2

こちらです。

分かるかな?

たまたまの空袋の付け根付近に直径1センチに満たないほどのポチ。

こいつのせいでどんだけ振り回されているやら?!

そして手術の当日は。

お昼前にねんパパが病院に連れて行きました。

ねんパパ命のねんじ、病院に預けて帰る時、さぞかし鳴くことだろう、と思ったら意外とあっさりしてたようで。

で、日曜の病院の診療は1時まで。

診療後に手術でした。

5時ごろ病院に電話をしてください、ということだったので、

それまで「今頃不安だろうね」「もう麻酔したかな?」などねんパパと話しながら。

そして5時前に待ちきれず電話。

先生のお話では、キズは5センチほどで、周辺3センチほど摘出。

既に麻酔からは醒めており大丈夫だが、キズが大きいので出血が多い、

今晩一晩病院で見たほうがいいとおっしゃったので、お願いしました。

とりあえず痛み止めを打っているので痛がっていないようだし、

麻酔の心配からも解放され、ちょっと一安心でした。

しかし、1時間後に病院からねんパパの携帯に電話が!!!

容態が急変したのか、心臓がバクバク…

しかし、ねんパパの様子は慌てていない。

ん?と思い聞いていると、

ねんパパ「あ、じゃあ迎えに行きます。」

は???一泊するんじゃ???

どうやら病院で暴れているらしく、傷が開いてもいけないので、自宅でゆっくりさせた方がよいでしょう、と言われたそうです。

あらら~、やっぱりね…甘えん坊のキカン坊をすぐに発揮していたようです。

そしてねんパパ車でお迎えし、帰って来たねんじ。

Dscn7712

じゃじゃーん!オムツをはいたエリザベスねんじでした。

前足の部分には痛み止めの薬。

ねんじは胴長のせいか、お尻を舐めることができないため、一度エリザベス解除したけれど、

痛み止めの薬をとってしまいそうなので、やはりエリザベス装着。

Dscn7714

ちゃんとおしっこだってできました。

包帯がオムツのように巻いてあり、先生から

「こんなに包帯が似合う子はいない」といわれたほどで、

確かに痛々しい中にも笑いを振りまいてくれたねんじでした。

それではご覧ください、まずは後ろから

Dscn7718

次に横から、

Dscn7720

そして上から

Dscn7722

と遊んでみたりするけど、痛いんだろうなー、ごめんねねんじ。

どんなときでも食欲が落ちないのが彼の凄いところでして、この日も

Dscn7723

いつも通り、ガツガツ食いついていました。

Dscn7719

うっとうしいのはいつまで続くんだぶー?

つづく・・・

|

« 手術、無事終わりました! | トップページ | エリザベス生活②&病理検査結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手術、無事終わりました! | トップページ | エリザベス生活②&病理検査結果 »