« エリザベス生活① | トップページ | エリザベス生活③ »

2010年10月 2日 (土)

エリザベス生活②&病理検査結果

そうそう、手術のとき、首にあったしこりも調べていただきましたが、

こちらは肥満細胞腫ではないと判明。

オデキのようなものなので、放っておいてよいということでした、ホッ!

さて、日曜日の夜はエリザベスをつけたまま、爆睡だったねんじ。

翌日ねんパパお休みだったので、再び病院へ連れて行ってくれました。

出血も止まってきたので、装置(血を採る装置をつけていたそうです)を外し、

前足の点滴もとって、包帯を巻き変えてもらい、帰宅。

Dscn7729

粘着包帯でぴったり。

でもねんじはこの包帯が気になってましたが、相変わらずお尻に口が届かないので、エリザベス解除です。

歩くのは大丈夫だけど、傷口が伸縮しやすい部分なので、ダッシュさせないように、

といわれていたのに、平気で術後からソファーに飛び乗ったり、

ねんパパに飛びついたり!

恐ろしい回復力、といえばいいのでしょうか…(汗)

Dscn7746

でもやっぱり疲れているようで、良く眠っていました。

そして次の検診が水曜日。

会社帰りに再びねんパパが病院へ連れて行く。

この日は包帯が取れました。

帰ってきて傷を舐めようと丸まっており、ギリギリ届いているのを発見!

再びエリザベス生活へ。

Dscn7748

うーん、正面から見るとパラボラアンテナに見えるな(笑)

包帯が取れてねんじはすっきりしたようだけど、返って傷口が気になるようで。

しきりに丸まってクルクル回っていました。

その傍をウタが走り回り、当たりやしないかとヒヤヒヤ…

私たちの睡眠中、傷口の糸でもとってしまったら大変なので、

夜中もこの状態で寝てもらってます。

抜糸は2回にわけ、大きな針目を1週間後、小さい針目を2週間後にしましょう、

ということだったので、ねんじにはしばらく我慢のときです。

次の検診は金曜日。

傷口もきれいに治ってきているそうです。

でもブログに載せるにはエグイので、控えておきます…

そして病理検査の結果もこの日に教えていただきました。

グレードはⅠを期待していたけれど、残念ながらⅡ。

しかし、所見・コメントには、

~病変は比較的真皮内に限局した肥満細胞腫病変で、

  マージンは十分に確保されており、明らかな脈管浸襲像は観察されない。

  腫瘍細胞の形態も比較的分化度の高いものである。

~やはり浸潤性を示す肥満細胞腫病変でしたが、早期に切除されており、

  まだ皮下織深部にまでは到達しておらず、

  切除状態は良好となっております。

  ただ、やはり部位的に問題の多いところですので、

  継続的な観察は必要でしょう。

というものでした。

両手をあげて大喜び、とまでは行かないまでも、

内部まで転移してない段階での早期切除、マージンも十分、

ということで、かなりホッとしました。

この結果を聞くまでは、体に転移していたらどうしよう、と嫌なことばかり考えてしまい…

でも、これからは毎日ねんじを撫でくり回して、どんな小さなポチでも

見逃さないよう、気をつければよいということで、少し前向きになれそうです。

ご心配いただき、本当にありがとうございました。

またエリザベスは更新していきますからお付き合いくださいませ。

Dscn7757

地デジカじゃないぶー。

|

« エリザベス生活① | トップページ | エリザベス生活③ »

コメント

よかったですね。
空とほぼ一緒です。
空はよかったかどうか歩けないし下半身の感覚がなかったので、舐めたりもしないで、包帯もせず、一日に何度かの消毒で乗り越えました。
でも、元気に見えても術後は体が弱ってるらしいので、大事にしてあげてくださ~い。
この結果なら、術後の抗がん剤等もナシでOKだったかな?

投稿: 空太郎まま | 2010年10月 2日 (土) 19時00分

空太郎ままさん♪

そうなんです、最悪の結果ではなかったので
ひとまずホッとしました。
でも再発の恐れはあるわけだし、長く付き合わなくては…
空ちゃんとほぼいっしょなんですね。
でも空チャンもすっかり元気だから、
ねんじもいけますね、きっと♪
元気そうに見えて術後は体が弱ってるんですね。
気をつけます。
あ、お薬は1週間飲んで、終了しました!
これも明るい兆しですよねwink

投稿: ねんまま | 2010年10月 5日 (火) 23時33分

コメントが遅くなってごめんなさい。
転移がなくて本当に良かったですね。
友達の黒ラブちゃんも1年前に同じような診断でしたが、
今も走り回って本当に元気にしてます。
その子は10歳なんですよ。
ねん氏はまだまだこれからですもん。大丈夫ですよ!
実はマーシャも調子が悪くて、昨日内視鏡検査を受けたんです。
今病理検査結果待ち。この待ってる時間ってイヤですね。
またご報告いたしますね。
お互いに心配は尽きませんけど頑張りましょう!

投稿: ruby | 2010年10月 6日 (水) 21時54分

遅くなりましたが、おめでとうございます~♪
ほんとによかったです♪

パオは絆創膏をT字に10日間位貼ってました!
安静にしなきゃならなかったんで
お利口に安静にしてましたが、
主治医に聞くと相当痛いのと、足がある幻覚で
辛かったんだと思います(泣)
足の幻覚は未だにあるみたいです(汗)

もう抜糸も終わったのかな?
これからも定期検査はかかさずに・・・

元気なのが何よりですが、犬は本能的に痛くっても
我慢しますから、注意して見てあげてくださいね!

くれぐれもお大事に♪

投稿: パオママ | 2010年10月 7日 (木) 16時57分

ねんじ君!お薬も終わりになりそうで、ほんとによかった。
経験者の方々の温かいアドバイスほんとによかったですね。
しゃべることができないのでどんな体調か、こっちがわかってやらないといけないし、胸がちぎれそうなほど心配だったでしょ、これからの経過がもっともっと良くなることを心から祈っています。

投稿: くろすけの母 | 2010年10月 8日 (金) 15時04分

rubyさん♪

ご心配ありがとうございました。
お陰様で少しホッとしました。
でもいつまた再発するか分からないので、
ねんじにストレスが少しでもかからないよう、
気をつけて楽しく過ごせればなーと思っています。
マーシャ嬢は大丈夫でしょうか?
病理検査と聞くと心配です…
待っているのは本当に不安ですよね。
どうか良い結果でありますようにお祈りしています。


パオママさん♪

ありがとうございます。
検査結果が出るまでは落ち着きませんでしたが、
今は抜糸も済み、元気なねんじを見ていて
すっかり我が家も明るさを取り戻しました。
パオちゃんも頑張っているんだもの、
中年ねんじはまだまだ行きますよ~!(笑)
でもそうですよね、元気そうに見えても
術後は痛かっただろうな…
定期検査、肝に銘じます!

投稿: ねんまま | 2010年10月 9日 (土) 23時37分

くろすけの母さん♪

くろすけの母さんはじめ、皆さんの応援激励で
本当に私自身救われました。
ありがとうございました。
フレブルの飼い主さんて本当に良い人ばっかりだなー。
改めてブログやっていて良かったし、
「フレンチブルドッグひろば」の掲示板があって
助かったと思う毎日です。
元気そうに見えても病気はやってくるものなんだなー、
毎日の観察やスキンシップって大事だなーと思いました。
人生いろいろ、犬生もいろいろ。

投稿: ねんまま | 2010年10月 9日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリザベス生活① | トップページ | エリザベス生活③ »