« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月22日 (木)

今年もお世話になりました②

さて前回の続きですが、

ウタさんは入院と決まった途端、抗生剤の点滴が始まりました。

先生からは風邪がこじれて、気管支炎と中耳炎になったために高熱がでているので、

3日間は抗生剤を点滴で、との話でした。

左手の甲に点滴、痛かっただろうな〜crying

トイレに行くにも点滴棒をもってガラガラと。

3歳児には辛い経験になってしまいました。

おまけに夜は初めてのお泊りwobbly

これが大変で…

病室に入った時から「おうち帰りたい〜sweat01」と言っていたので、

夜は「一緒にいて〜sign01」「一緒におうち帰る〜crying」と大泣き。

可哀想で…たまりませんでした…

面会時間を過ぎても寝付くまで一緒に居ていいです、といわれ、毎晩9時過ぎ。

初めてのお泊りが病院なんて、そりゃー不安だったよね、ごめんよ。

1日目は看護婦さんにかなりお世話になったようでした…

でも抗生剤が効いて2日目からは熱も下がりすっかり元気に。ホッcoldsweats01

そして予定より1日早く退院することができました。

中耳炎はまだ完治してないから要注意だけどね。

おばあちゃんから退院祝いのケーキまで戴き、変顔するまですっかり元気なウタさん。

Cimg2122aaa

で、お気づきですよね、メッセージ。

「限院」っておいおい(゚Д゚)ノ

箱を開けた瞬間「???」から大爆笑。

いやいや、これは恥ずかしぞ、タカノさん(笑)

一方ねんじの件。

7日の水曜日に病院からねんパパに電話がありました。

病理検査の結果、肥満細胞腫ではない、とsign03

いや〜、本当によかった、これまたホッとしたと同時に心配疲れも。

最悪の事態を考えてばかりだったから…

結局「犬皮膚組織球種」という良性腫瘍ということで。

1〜2歳の若い犬に多く見られる原因不明の腫瘍らしいんですが、

まーーーったく人騒がせなイボでした。

分かるまでは写真にも取れなかったヤツが

Cimg2126aaa

これです。

結局直径1.5センチ位まで大きくなり、赤くパンパンに腫れて。

これは11日に撮ったものなので、治まり始めたところです。

意外と硬いんですよ、このイボ。

この直後、知らぬまにイボ破裂、2日後は

Cimg2146aaa

潰れたニキビみたくなり。

今ではすっかりしぼみきり、イボもぺたんこに。

もう顔出さなくていいからね、イボめpunch

Cimg2129aaa

この二件でまた白髪が増えたような気がします@ねんじ&ねんママ(笑)

やっぱり

Cimg2133aaa

こんなや

Cimg2138aaa

こんな光景が見える我が家が一番ですshine

話はがらっと変わりますが、

先日パオママさんのブログでクイズをやられていました。

私のクジ運の悪さは折り紙つき、全くそーゆーものに当たったことがないのですが、

なんと、なんと、今回ダメ元で応募したら抽選の上、当選したんですhappy01

そして送っていただいたのが、

Aaa

こちらのフレッシュのリースshine

箱を開けた途端、モミやスギの香りがぽわーんとして、綺麗なことと言ったら。

うまく写真に撮れないのですが、本当に素敵なんですheart02

今までの嫌な出来事が一気に吹き飛んじゃいました〜。

毎日玄関を通るたびにニンマリしている変なねんままです。

そしてこれだけじゃないんです!

なんと、ねんじにもプレゼントが!

Cimg2178aaa

寒い冬にぴったりのスヌード。

Cimg2164aaa Cimg2174aaa

モデルがじっとしていないのでうまく撮れませんが、

首元や耳まで隠してなど、オシャレに着こなせるようねんじも頑張ります(笑)

パオママさん、ありがとうございましたlovely

と、長くなりましたが、今年もあと少しですね。

今の家に越してから毎年1つは起きる良くない出来事。

2009年ノロウィルス、2010年肥満細胞腫、そして2011年が今回の。

来年こそは、と願いを込めつつ、ブログもマイペースに続けていける、かな(汗)

皆様にも素敵な2012年が訪れますように。

おっとその前に、

Cimg2162aaa

.。.:*・゚Merry-X'mas:*・゚。:.*

| | コメント (8)

2011年12月18日 (日)

今年もお世話になりました①

また放置してしまいました…

前回更新後いろいろありまして。

まずは

Cimg1949

11月1日、幼稚園がお休みだったので、ディズニーシーへ。

Cimg1979

超ご機嫌だった電車。

でもね、ビビリー全開で、アトラクションはこれだけしか乗れずbomb

子供向けのユルイものさえすべて拒否られて。

高い電車だこと…ブツブツ

でも

Cimg2013

ミッキーも遠かったけど見えたし

Cimg1994

本人肩車で楽しんで見てたから、まいっかnote

Cimg2031

Cimg2028

夜は夜で綺麗なシーをそれなりに(汗)楽しみました。

と、11月は始まり、

Cimg2078aaa

この日は実家で留守番ねんじさんも相変わらずの日々。

19日には幼稚園で作品展があり、

Cimg2082aaa

Cimg2081aaa 

一生懸命作成した作品や絵を見て、ウタさんの成長を感じたり。 

ねんじは1日待ち続けたねんパパの帰りを

Cimg2113aaa

熱烈大歓迎の毎日heart02

このうっとりした目つきと耳を倒したこの状態がねんパパLOVEの証拠。

ぺろりんぺろりん、と念入りに愛情込めて。

時には口や鼻に食いついてくることもあるほど(笑)

お天気の良い日中は

Cimg2114aaa

モサモサしてるけどね。

そんな普通の日々でしたが、24日の夕方、ねんパパが後ろ足のスネあたりに、直径5ミリ程度のできものを発見。

???

イボのようにプックリしている。

すぐ頭に浮かんだのが、肥満細胞腫の再発impact

確かねんじができた肛門付近のブツは厄介で転移しやすいと…

(ショックで写真も撮れずwobbly

翌日すぐに病院へ。

サイズを計り、様子をみて、

とりあえず抗生剤を1週間飲ませて様子を見ましょう、と。

私たちとしては前回もあるので、すぐ検査してもらえると思っていたのに。

先生がおっしゃるのでそういうものなのか?と疑問と不安をもち1週間。

ところが小さくなるどころか、10ミリに成長しやがったイボdash

では細胞を針でとって検査に出します、と奥へ連れていかれ、私は診察室で待っていると、

「ヒャイ〜〜ン」「ゥ〜ウオ〜〜ン」と普段聞かない悲鳴がcrying

きっと羽交い締めにされ、晴れ上がったイボに針さされて痛いんだろうな…

としばらく待っているとねんじ帰還。

先生から「検査にだして、結果を見てから今後の処置を考えましょう」と。

その際、「ねんじくんは肥満細胞腫やってるからね〜」と言われたとたん、

堪えていた涙がポロポロと。

もう最悪のことしか考えられず、どうしよう、どうしよう、どうしようweep

先生の言葉もあまり覚えていないくらい動揺した情けない飼い主。

とりあえず検査結果を待つしかありませんでした…

それが12月2日金曜日のことでした。

一方この週、水曜日から熱を出していたウタさん、同じ2日の金曜には平熱に戻ったので、元気に幼稚園へ行ったのですが、翌日朝から39度の発熱。

薬も飲んでたのに、またぶり返した?と思っていたけど、様子が違う。

熱が下がらず、食欲もあまりなく。

夜までさがらず頭も痛いというので、解熱剤を飲ますも、夜中もおデコ熱い。

翌日は日曜日だったので、もう少し様子見ていたのですが、耳が痛いと言い始め。

とても不機嫌だし、解熱剤も効かずグッタリしている。どうもおかしいsad

夜中救急相談に電話するも、状況説明したところ、そのまま寝れるようなら寝かせてあげて、翌日病院へ行ってみてください、と。

でも痛くてうなされてぐっすり眠れないみたい。

翌日朝かかりつけの病院へ。

大嫌いな採血やレントゲンもグッタリした中、大騒ぎ(笑)でしたところ、

血液検査の結果が即入院の数値とのことcoldsweats02

近くの大きい病院に紹介状を書いてもらい、そちらで診てもらう。

結果入院してくださいとなりまして…

木曜日まで入院してましたbomb

急遽ねんじはいつものねんパパ実家に居候させていただき。

どうなっちゃうの、ねん家?

と、長くなりそうなので、その2へ。

| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »